ホームページの更新は意外と手間がかかる|プロに依頼

物件紹介ページの作り方

Real Estate

動画と情報システム

かつては不動産の物件を探すのに不動産会社を訪れるのが普通でしたが、現在ではインターネットで物件を探す人が増えています。物件紹介ページでも画像や動画を通じて部屋の雰囲気を知ることができるため、通販サイトから商品を購入するような感覚で物件を選ぶスタイルが主流となりつつあるのです。不動産会社の側でも売上を上げる目的で、ホームページ制作会社に物件紹介ページを外注するのが一般的となりました。賃貸住宅などの情報を少しでもわかりやすく提供するには、画像や動画といったビジュアルの要素を駆使するのが最も効果的です。ホームページ制作会社に依頼する場合と自分で物件紹介ページを作る場合では、こうしたビジュアル表現に大きな差が出てきます。物件紹介ページを外注する際にはビジュアル表現のセンスを重視し、その業者がこれまでに手がけたホームページの実例を事前に確認するのが望ましいと言えます。また最近では賃貸住宅等の物件を案内するのに動画が効果的に活用されているため、物件紹介ページで動画を再生できる仕組みも求められます。ホームページ制作会社に不動産情報ページを外注する際には、不動産流通標準情報システムに対応しているかどうかという点にも注意が必要です。不動産流通標準システムには膨大な物件データが保存されており、システムからダウンロードしたデータをホームページに加工することで制作工数が大幅に削減できます。物件情報が更新された場合でも手間をかけずに変更点がページに反映され、情報の信頼性も高まります。不動産ホームページの外注では利用料金が重視されがちですが、顧客満足度を向上させるには以上のような注意点も重要です。膨大な物件情報の中から目的に合った物件を効率よく見つけ出すには、ホームページ制作技術も問われてきます。不動産業界にもインターネットを通じた情報の信頼性とわかりやすさの両方が求められる時代となっているのです。